システィナCの効果と成分

 

システィナCの中身をチェック!

 

システィナCの特徴をご紹介したところで、薬の効果や効能・成分、飲み方など基本的な情報を見ていきましょう。

 

用法や用量など、服用に重要なポイントもご紹介しますのでチェックしてみてください。

 

 

商品名 システィナC 大人一日分(6錠)の主な成分と効能

成分名

容量

効能

L-システイン

240mg

シミの原因となるメラニンの生成を抑制

アスコルビン酸(ビタミンC)

300mg

過剰なメラニンの生成を抑制

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

6mg

L-システイン生成を助けます

パントテン酸カルシウム

24mg

新陳代謝を正常化。ターンオーバーを助けます

 

添加物

セルロース、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、乳酸Ca、マクロゴール、酸化チタン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、カルナウバロウ

 

 

システィナCの効果や効能は?

 

システィナCの中身をチェック!

システィナCには、以下のような効果があります。

  1. 以下の症状の緩和:しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
  2. 以下の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
  3. 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後
  4. 老年期の体力回復

 

システィナCの効果は、シミ・そばかすに特化しています。

 

複雑な効果のある薬は、必要ないと思われている方。

 

もっとシンプルに色素沈着改善をしたい方に、おすすめできる医薬品です。

 

L-システインの働き

 

シミ・そばかすに効く薬には、このL-システインが入っています。

 

言い換えれば、このL-システインごそが、色素沈着に効果があると言っても過言ではありません。

 

過剰なメラニンの生成を抑えてくれます。

 

L-システインだけで肌を白くするわけではなく、ビタミンCの働きを助ける事により、さらにシミ・そばかすを改善します。

 

美白のための薬を選ぶ時は、ビタミンCとL-システインの量に注目すると良さそうですね。

 

ビタミンCの働き

肌を白くするのは、このビタミンCの働きです。

 

肌のメラニンの生成を抑えるだけでなく、肌のターンオーバーを助けてくれます。

 

ビタミンCとL-システインが強力する事により、シミ・そばかすの生成を抑え、出来てしまった黒色メラニンを肌の外へ押し出してくれます。

 

ビタミンB6とパントテン酸カルシウムの働き

システィナCに含まれているビタミンB6は、肌や粘膜の新陳代謝を促進してくれます。

 

パントテン酸カルシウムは、ビタミンCの働きを助けて効果を高めてくれる働きがあります。

 

 

副作用について

システィナCの中身をチェック!

ビタミン製剤は、人によってはお腹がゆるくなる事があります。

 

軽度なら心配する事はありません。

 

様子を見ながら服用してかまいません。

 

ただし、下痢が長期に渡ったり、程度が思い状態の場合は、ただちに服用を中止して、医師や薬剤師に相談してください。

 

 

服用を中止するべき症状

 

関係部位

症状

消化器官

吐き気 嘔吐 腹痛

 

このような症状が現れた方は、ただちに服用を中止して、医師や薬剤師に相談してください。

 

そのほか、注意する点は?飲み方のコツ

胃腸の弱い方は、本剤を服用する事で気分が悪くなる場合があります。

 

服用タイミングを食後30分にすることによって、悪心が改善される事がありますので、他の薬でも胃が気持ち悪くなった経験のある方は、食後の服用をおすすめします。

 

 

システィナCの飲み方

 

システィナCを飲む場合は、食前か食後に、水またはぬるま湯の服用になります。

 

システィナCの用法用量は?

システィナCは、以下の用量用法を守って服用してください。

 

7歳以上であれば、お子さんも服用する事が出来ます。

 

お子さんの服用の際は、保護者の方の監視下で飲ませてあげてください。

 

年齢

用量

用法

15歳以上

1回2錠

1日3回

7歳以上 15歳未満

1回1錠

1日3回

7歳未満

服用する事はできません